【割と簡単】Kindle本の出版手順6ステップを解説

Kindle本出版方法アイキャッチ
この記事を読めばわかる
  • Kindle本出版に興味がある
  • 副業を探している
  • 副業の参考にしたい

こんにちは!シバです。

現在、私はフリーランスになりたくてブログに挑戦していますが、Kindle本出版にも挑戦してみました!

そこで今回は、Kindle本出版の方法をまとめていきます。

本記事を書いている人

  • WEBデザイナー×ブロガー
  • 1児のママ
  • 年間50冊以上(週1~3冊ペース)
  • 読書歴13年
  • SWELLでHP制作をしています
目次

Kindle本の出版方法

Kindle本出版は紙の本を出版するより、ハードルが低く費用がほとんどかかりません。

Kindle本出版に興味がある方は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

本のテーマを決める

まずは、本のテーマを決めましょう。

自分の好きなジャンル、勉強していること、伝えたいこと、なんでもOKです!

文章を書くのが苦手であれば、絵本や写真集でも。

自分の得意分野を生かしましょう。

シバ

最初の1冊、私は読書が大好きなので「読書習慣を身につける方法」の本を書きました!

Googleドキュメントで執筆

本のテーマが決まったら、Googleドキュメントで執筆していきましょう!

Googleドキュメントで執筆すると、パソコンとスマホどちらからでもアクセスでき、時間が空いた時にいつでも書下ろしができます。

シバ

Kindle本のアイデアが浮かんだときに、すぐメモできるので非常に便利ですよ!

Googleドキュメントへの執筆方法は、YouTube動画を参考にしました。

googleドキュメントを使ったEPUB化のやり方

ファイル形式をepubに変換

Googleドキュメントからファイルを保存するときにepubへの変換が必要です。

シバ

私がつまづいたポイント!
epubとは何ぞやって感じでした(;^ω^)

しかし、やってみると割と簡単!

本の内容を執筆した後、

ファイル ⇒ ダウンロード ⇒ EPUB Publication(.epub)

epub化説明

EPUB Publication(.epub)をクリックすると、自動的にepub化されてパソコンにファイルが保存されます。

Googleドキュメントで執筆する前は、windowsのメモ帳に下書きし、でんでんコンバーターでepub化に挑戦しましたが失敗。一気に自信喪失しました…。

Googleドキュメントで執筆すると、パソコンとスマホで共有でき、epub化も簡単です!

本の表紙を作る

本の内容が執筆できましたら、本の表紙を作りましょう。

私はcanvaで作りました。

canvaは初心者でも扱いやすく、テンプレートを編集するだけで、おしゃれなデザインができます。

シバ

当ブログのアイキャッチも全てcanvaで作っています!

表紙だけでなくYouTubeのサムネやアイキャッチなど、多岐にわたる種類のテンプレートがありますのでご参考に!

KDPに登録

KDPとはKindle direct publishingの略です。

Kindle本を出版するためには、まずKDPへの登録が必須です。

KDPはこちらから

KDP登録手順
  1. Amazonアカウントを取得する
  2. KDPにサインイン
  3. 著者・出版社情報を入力する
  4. 銀行口座の登録する
  5. 税に関する情報を入力する

無料で登録できますので、空いた時間に登録しておきましょう!

KDPで本出版

Kindle本の内容と表紙ができましたら、Kindle本を出版しましょう!

Kindle本出版手順
  1. 本の詳細を入力する
  2. Kindle本のファイル・表紙を登録する
  3. 価格を設定する

Kindle本の内容は出版後、何度でも修正できます。

おわりに:Kindle本出版のハードルは低い!

今回は、【割と簡単にできる】Kindle本の出版方法を解説しました。

「本を出版する」と聞くと初心者の方にはハードルが高く感じるかもしれませんが、Kindle本出版は費用が掛からず、簡単に本を出版できます。

これから副業を始めたい方、ブログで収益が上がらない方、ぜひKindle本出版に挑戦してみませんか?

Kindle本出版はストック収入なので、収益が上がると気持ちに余裕が出てきますよ。

では、記事を読んでいただき、ありがとうございました。

ブログ村

with book life - にほんブログ村

FC2ブログ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次